お米みたいに炊けるオーツ麦

オートミールの原料、オーツ麦(えん麦)とお米を一緒に炊くことができる、「オーツ麦の雑穀ごはん」ですが、最近では色々なメーカーから発売されています。その中で今回食べてみたのは、特許製法で精麦されているというLOHAStyleの「お米みたいに炊けるオーツ麦」

オーツ麦には水溶性食物繊維のβ-グルカンが多く含まれ、血糖値の上昇をゆるやかにしてくれたり、血中コレステロールの低下など、たくさんの健康効果あると言われています。
オートミールはちょっと苦手という方も、ごはんと一緒に炊くだけなら無理なく摂取できるんじゃないでしょうか。味についても、
雑穀ごはんが好きな人は、きっとハマると思います。

それでは、さっそく商品を詳しくみていきましょう。

パッケージを見てみよう

オーツ麦ごはん オーツ麦ごはん

オーツ麦ごはん オーツ麦ごはん
だいぶ食べちゃったので中身が減ってますが、このパッケージはアマゾンで2020年5月に購入したものです。賞味期限は購入から1年3カ月以上ありました。

中身を見てみよう

オーツ麦ごはん
粒の大きさはバラバラですが、お米のような形で、潰れた粉のようなものはなく状態はとっても良好です。

粒をオートミールと比べてみました。

お米みたいに炊けるオーツ麦
上の写真は、左はクエーカーのロールドオーツ(オールドファッションド)、右がお米みたいに炊けるオーツ麦です。オーツ麦を押し麦状にしたと考えれば、大きさはだいたい同じですね。

栄養成分をお米と比較

「お米みたいに炊けるオーツ麦」と、白米、玄米をの栄養成分を比較してみました。

100g中 お米みたいに炊ける
オーツ麦
白米 玄米
エネルギー 361 kcal 353 kcal 358 kcal
タンパク質 12.4 g 6.1 g 6.8 g
脂質 4.8 g 0.9 g 2.9 g
炭水化物 71.5 g 77.6 g 74.3 g
食物繊維
9.4 g 0.5 g 3.0 g

お米や玄米よりも、タンパク質が豊富で、食物繊維もたっぷり摂れます。
それに、オーツ麦はお米や玄米より、水溶性食物繊維の割合が高く、血糖値の上昇を緩やかにすると言われています。

オーツ麦ごはんの味はどうなの?

パッケージに記載の美味しい炊き方が、お米とオーツ麦1:1だったので、私もお米1合とオーツ麦1合を合わせて、炊いてみました。

洗って、浸け置きなしにすぐに炊飯ボタンをオン!
そして炊きあがったのが、コチラ。
オーツ麦ごはん
白米の炊きあがりのようにお米が立って・・・はいませんね。見た目的にはムムム。
とは言え、普段食べているオートミールのポリッジよりは見た目は良いですよね~(笑)。

茶碗に盛り付けたら、見た目も美味しそうになりました。
オーツ麦ごはん
味は、オーツ麦!麦の味が香ばしくって、すごくおいしいです。
回し者でもなく…(笑)。わたしは大好きかも。
給水なしで炊いたのに、しっかりやわらかくなっていますが、白米よりは多少噛み応えがあるので、よく噛んで味わって食べられるのもいいかもしれません。
普段からもち麦や雑穀ごはんが大好きな私には、ドハマりです。

ごはんと一緒に炊いたら、オートミールのようなネバリが出るのかと思ったのですが、案外さらっとしていました。パッケージには「もちもち美味しい」と書かれていたのですが、もち麦ごはんのような、もちもち感はほとんど感じられません。

すごくおいしいので、夫にもどうかな?と食べてもらうと、「食べられるけどそこまで好きではない」との感想でした。な~んだ、がっくり。

うちの家だけで言うと(世界が狭い)、もち麦や押し麦などの麦ごはんが好きな人なら、きっと好き。うん、ハマると思います。


お米みたいに炊けるオーツ麦

無料モニター募集