トマトポリッジ・カッテージチーズのせ

最近、お腹についた脂肪が気になってきたので、オートミールでダイエットをはじめることにしました。
なんてったってオートミールは、低GI食品で腹持ちがいい!
食物繊維たっぷりのダイエットに最適な食材です。
しばらくは、オートミールのポリッジ(お粥)が多くなりそうですが、おいしく食べられるダイエットレシピを載せていきたいと思います。

さっそくですが、今日はトマトジュースで作るオートミールのポリッジを。
カッテージチーズをのせてコクとタンパク質量を増やしました。
夏は、冷やして食べるのもおすすめです。

コスト削減のためカッテージチーズは牛乳から手作りしています。
牛乳300mlから、57gのカッテージチーズが出来ました。

手作りカッテージチーズ

材料(2食分)

  • A オートミール…60g
  • Aトマトジュース缶…1本(190g)
    (食塩無添加)
  • A コンソメ(顆粒)…小さじ1
  • A 水…200cc
  • A ホエー…200cc
    (カッテージチーズ作りから出る液)
  • ゆで枝豆…30g
  • 塩・こしょう…少々

〔カッテージチーズ作り〕

  • 牛乳…300cc
  • 酢(またはレモン汁)…大さじ1

作り方

ポイント
  • カッテージチーズを濾した際に出た水分は、ホエー(乳清)と言って栄養があるので、捨てずにポリッジに使用します。
  • 牛乳は低脂肪乳や無脂肪乳でもOKですが「加工乳」表示のものを。「乳飲料」はカッテージチーズ作りに向きません。
  • ポリッジを煮る際は深めの鍋を使用し、吹きこぼれに注意してください。とくに蓋をしていると吹きこぼれやすいです。

〔カッテージチーズを作る〕
(1) 牛乳を鍋に入れて温め、沸騰する寸前で火を止め、酢を混ぜて5分~10分置く。
手作りカッテージチーズ
(2) (1)が分離したら、ザルに布巾やキッチンペーパーを敷いて濾し、冷めたら軽く絞る。
手作りカッテージチーズ
300ccの牛乳から57gのカッテージチーズが出来ました。

〔ポリッジを作る〕
(3) Aを鍋に入れて加熱し、沸騰したら、弱火で4~5分煮て火を止め、塩コショウで味をととのえる。
(4) 蓋をして20分以上置き、オートミールが水分を吸ってトロトロになったら、盛り付けてサヤから取り出した枝豆と、カッテージチーズをのせる。

トマトポリッジ・カッテージチーズのせ

ダイエット中は水分を多めにして作り、時間を置いてオートミールにしっかり水分を吸わせます。
量を増やせば、満足感がアップ。すぐに食べない分は、冷蔵庫で保存してくださいね。

カロリーと三大栄養素(PFC)

1食分は261kcalです。
低脂肪乳や無脂肪乳を使えば、さらにカロリーは減らせます。

🍚カロリー・栄養計算🍴 #カロリーSlism
(1食分)

オートミール 114kcal
枝豆 20kcal
トマトジュース 16kcal
牛乳 104kcal
塩 0kcal
酢 2kcal
コンソメ 3kcal
こしょう 2kcal

・炭水化物 34g
・タンパク質 12g
・脂質 9g

合計 261kcal💡
https://calorie.slism.jp/

ダイエット中はなるべくタンパク質を意識して摂りたいところ。
このレシピに鶏むね肉のひき肉や、ノンオイルのシーチキンなどを加えれば、さらにタンパク質の量を増やせますね。
トマトポリッジ・カッテージチーズのせ

スポンサーリンク